ブルーベリーを摂取して、体に優しい生活をしよう。

生活習慣病の改善

生活習慣病とコレステロールについて

皆さん健康的に過ごせていますか。不養生も度が過ぎれば、いつ生活習慣病にかかってもおかしくありません。これらの病気はどれも症状が重い上に深刻な後遺症が残るリスクも高いので、後々の人生を大きく変えてしまう恐れがあります。さらに言えば、そこまでの事態に陥るということは不健康な生活が日常化しているということですので、症状を改善できるような生活に戻す苦労も大変大きいのです。ですのでそうなる前に日頃から自分の暮らしぶりを再確認して修正していきましょう。 今回はその生活習慣病の中でも代表的な病気である高コレステロール値を下げる方法についてご紹介します。まずコレステロールについての説明から始めますと、これを摂りすぎることで高脂血症という状態になります。血管内が詰まって動脈硬化の原因になり、そこから様々な大病に発展してしまいます。

血中の含有量を下げるには

コレステロールの含有量を下げるには幾つか方法があります。先ず第一に、摂取量を減らすこと。コレステロールは鶏卵魚卵、イカに多く含まれています。これらが好物の人であっても食べ過ぎることのないようにしましょう。次に、適度な運動を続けること。ランニングやスポーツで体内の中性脂肪を減らすことは、コレステロール値を下げる良い方法の一つです。また、善玉コレステロールを摂るという手もあります。血中の悪玉コレステロールを回収してくれますので、コレステロールと名前がついていてもこちらは人間の体にとって良いものです。この機会にぜひ覚えておいて下さい。善玉コレステロールは青魚を食べることで摂取できます。最後に薬による治療ですが、薬である程度まで値を下げることはできても、普段の生活を改善しなければ十分な効果を得られませんので、根本の問題である生活面の改善は怠らないで下さいね。